〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠2-1-3

TEL / 054-293-5558

FAX / 054-293-5559

診療時間
9:00-11:30 / 15:30-18:30
休診日
木曜午後、祝日

診療案内

内科

内科について

猫

犬や猫は、人間とは違って体の不調を言葉で訴えることは出来ません。しかし、様々な手段で表現しています。食欲が無い、食べた物を吐く、下痢をする、普段と比べて元気が無い、しっかり食べているのに太らない、食事の量はいつも通りなのに太ってきた。このような症状は何らかの病気の可能性があります。

飼い主の方は、こうした症状を見逃さず、異変に気付いたときは獣医師に相談し、診察と検査を受け、適切な治療に結び付けることが大事です。早期に発見し、重篤な病気への進行を防ぐようにして下さい。

主な対象疾患

  • 風邪
  • 感染症
  • 糖尿病

主な症状

  • 食欲低下
  • 嘔吐
  • 下痢
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • よだれ
  • 発熱

外科

外科について

犬

犬や猫も骨折や脱臼することがあります。そのようなとき対応するのが外科です。骨の辺りが腫れていたり、熱を持っていたり、その部分をかばうように歩いているときは骨折の可能性がありますので、すぐにペットクリニックを受診するようにして下さい。

主な対象疾患

  • 骨折
  • ねんざ
  • 脱臼
  • 靭帯断裂
  • 悪性腫瘍

主な症状

  • 足を引きずる
  • しこり
  • 足の変形
  • 跛行

皮膚科

皮膚科について

猫

皮膚科では、皮膚に起こる様々な病変を扱いますが、特に多いのがノミやダニなどの寄生虫によるものです。また、アレルギー反応などによって起こることもあります。ペットが自身の体を掻きむしっていたり、体毛が異常に抜け落ちている箇所があるときは、皮膚炎を起こしていると考えられます。お早めにペットクリニックを受診しましょう。

主な対象疾患

  • 湿疹
  • 膿皮症

主な症状

  • フケ
  • 抜け毛
  • 皮膚の赤み
  • 炎症

循環器科

循環器科について

循環器は、心臓から血液が送り出され、身体中をグルグル回り、再び心臓に戻ってくる経路です。犬や猫の場合、循環器疾患の多くが心臓病です。最近は先天性の心疾患は減少する傾向にありますが、ペットの長寿化に伴い、加齢による心臓病が増えています。

検査によって心臓に病気が発見されたときは、定期的な検査と症状に合わせた治療を行ないます。さらに生活指導も行い、病気の進行を遅らせます。重い症状があるときでも、丁寧に治療を進めることで寿命を延ばせるケースが多く見受けられます。

主な対象疾患

  • 心臓弁膜症障害
  • 心不全
  • 貧血

主な症状

  • 動悸
  • 息切れ
  • 元気が無い
  • 手足の冷え

避妊・去勢手術

避妊・去勢手術について

犬

避妊・去勢手術は、オスでは精巣摘出術、メスは卵巣子宮全摘出術を行います。これにより永久的に妊娠することが出来なくなります。もともとは望まれない妊娠によって不幸な動物が生まれないように行われていましたが、最近は性ホルモンに関連した病気の防止などを目的として行われることもあります。

健康診断

健康診断について

ペットは大切な家族です。いつまでも元気で長生きして欲しいというのは、飼い主の方にとって共通の願いでしょう。しかし、ペットも人間と同じように病気になることがあります。日頃の健康管理とともに、定期的に健康診断を受け、病気の早期発見・早期治療につなげるようにしましょう。

当クリニックで行える主な検査

血液検査で分かる主な病気

  • 肝臓疾患
  • 腎臓疾患
  • 内分泌疾患
  • 貧血
  • 感染症

など

レントゲン検査で分かる主な病気

  • 心臓疾患
  • 泌尿器疾患
  • 腫瘍
  • 体内の異物
  • 骨折・脱臼

など

尿・便検査で分かる主な病気

  • 腎臓疾患
  • 尿路結石
  • 膀胱炎
  • 膀胱腫瘍
  • 寄生虫による感染症

など

予防接種・ワクチン

予防接種・ワクチンについて

予防接種・ワクチン

感染症の原因となる細菌やウイルスの病原性を弱めたり、無毒化することによってつくられたワクチンをあらかじめ体内に取り込んでおくと、抗体が作られます。これにより、特定の病気に罹らなくなったり、罹っても重症化しなくなる効果が得られます。定期的なワクチン接種をきちんと行い、感染症からペットを守るようにしましょう。

犬・猫用の主なワクチン

犬用ワクチン

  • 狂犬病(コア)
  • ジステンパー(コア)
  • ジステンパー(コア)
  • パルボウイルス感染症(コア)
  • 犬伝染性肝炎(コア)
  • 犬アデノウイルス2型感染症(コア)
  • 犬パラインフルエンザ
  • 犬コロナウイルス感染症
  • レプトスピラ症

など

猫用ワクチン

  • 狂犬病
  • 猫汎白血球減少症(コア)
  • 猫ウイルス性鼻気道炎(コア)
  • 猫カリシウイルス感染症(コア)
  • クラミジア感染症
  • 猫白血病ウイルス感染症
  • 猫免疫不全ウイルス感染症

など

狂犬病ワクチン

狂犬病という名称が付けられていますが、この病気は猫やキツネ、コウモリ、さらには人間も感染する病気です。一旦発症すると現代医学では治療できず、致死率はほぼ100%という恐ろしい病気です。日本国内で罹患して発症したケースは50年以上もないため、既に過去の疾患だと思われている方もおられるようですが、東南アジアなどでは今でも多数の発症例があります。また、日本同様数十年も狂犬病が確認されていなかった国でも突如として野生動物の感染が発見された事例もあります。

そのため、日本では狂犬病予防法により、犬の飼い主は、毎年1回(4~6月)、狂犬病予防接種を受けさせなければなりません。狂犬病の発生を防ぐため、必ず接種するようにしましょう。

混合ワクチン

混合ワクチンは、狂犬病ワクチンとは異なり、法律で義務付けられたものではありません。飼い主の判断により、任意で接種することになります。但し、多くのペットホテルやドッグランでは、その利用条件に「ワクチン接種済み」を掲げているため、これらのワクチンを接種していない場合、犬の活動範囲が実質的に制限されてしまうこともあります。
また、コアワクチンとされるものは義務ではないものの特に接種することが望ましいワクチンでもあります。

なお、ワクチン接種後に副作用やアレルギー反応が全くないとは言い切れません。そのため、何かあった場合にすぐ対応できるよう、接種後30分ぐらいはペットクリニックの近くでペットの様子を見守るようにすると良いでしょう。

ペットホテル

ペットホテルサービス

当クリニックでは、犬と猫を対象としたペットホテルもご用意しています。時間単位でのお預かりも可能となっております。また、ご希望の方には、診察や検査、トリミング等も一緒に行えます(別途料金)。詳しい内容は当クリニックの受付までお気軽にご連絡ください。

※年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休みはたいへん込み合いますので、お早めにご予約ください。
※お預け、お迎えは原則として診療時間内にお願いします。
※混合ワクチン、狂犬病ワクチン、ノミ予防が済んでいない場合はご利用いただけません。

このようなときはペットホテルをご利用ください

  • 急な用事が入った
  • 長期の旅行でペットを連れていけない
  • 犬が入れないお店に行く用事がある
  • 家に来客があるので、しばらく預けたい

など

詳しくはこちら

トリミング

当クリニックではトリミングも行います

飼い主のご要望に応え、専門のトリマーが対応いたします。

トリミングは美容面だけを考えて行われる訳ではありません。お肌を整えることは、アレルギーや皮膚疾患の予防にもつながります。当クリニックでは、美容面だけでなく、健康面にも十分配慮しております。トリマーと獣医師が緊密に連携しているので、トリマーが何らかの異変に気付いたときは、すぐに獣医師が対応いたします。

詳しくはこちら

鷹匠ペットクリニック
診療内容
動物病院、一般診療(全科診療)、各種予防(犬猫各種ワクチン、フィラリア予防、外部寄生虫予防)
住所
〒420-0839
静岡県静岡市葵区鷹匠2-1-3
TEL
TEL / 054-293-5558
FAX / 054-293-5559
最寄駅
静岡鉄道「新静岡」駅 徒歩3分
JR東海道線「静岡」駅 徒歩10分
駐車場
1台あり。その他近隣コインパーキング利用可
(診察された場合、駐車券提示で当日最大400円まで負担いたします。)
診療時間
9:00~11:30
15:30~18:30

休診日:木曜午後、祝日

装飾

※ご希望により「お預かり診療」を行っております。
(午前中お預かりをして診療をし、午後迎えに来ていただけます。)
詳しくは当クリニックまでお気軽にお問い合わせください。